転入時(引越し時)の電気使用開始の手続き方法

スポンサードリンク

ここでは、引越し時(転入時)の電気の使用開始の手続き方法についてご説明して行きたいと思います。

新しい住所での電気の使用開始連絡は、引越し前にされている方がほとんどだと思います。

転入後(引越し後)は、早急に電気を点けて電気が開通しているのかを確認しておきます。

しかし、転入先(引越し先)で、電気が点かないということも、あります。

この場合早急に、あなたの地域の電力会社へ連絡が必要です。

おそらく当日にサービス員が来てくれます。

以上のようなことから、電気の確認は、暗くなる前に行うのが良いです。

では、電力会社へ電話したいが連絡先が分からない時はどうすればいい?

この場合、賃貸マンションやアパートなら、集合ポストを見ます。

集合ポスト付近なら、電力会社の請求書が落ちていたります。

あと、家を借りたとき、もしくは買ったときの「契約書」があるハズです。

その契約書に大家の電話番号があれば大家へ電話します。

他には、コンビニや駅に行けば電話BOXがあります。

いずれもない場合、携帯で「104」とダイヤルします。

イラスト104の出てきたオペレーターへ地域の電力会社を聞き、番号を教えてもらいます。
(※この場合、情報料として「約100円」かかります)

電気が開通していれば、通常であれば以下 の手順で電気が点きます。

 まず「ブレーカー」のつまみを上に持ち上げます(「入」にする)

 漏電遮断器のつまみを上に持ち上げます(「入」にする)

 配線用遮断器のつまみを持ち上げます(「入」にする)※分電盤のフタを閉めないと電気が点かないタイプもあります。

賃貸マンションやアパートなら家の入口付近か、玄関口のポストの中に「電気使用開始手続書」があります。

「電気使用開始手続書」に、「あなたの氏名」と、「電気使用開始日」を記入しポスト投函します。

イラスト※「電気使用開始手続書」が、見つからない場合は、あなたの地域の電力会社へ(北海道東北関東中部関西九州沖縄)へ連絡します。

※現在の電力会社は、インターネットやFAXでの手続きもできます。 

これからの新生活で、あなたの電気の使用量が多いことが予想される場合、電気の供給量の契約を、より大きい電気供給量の契約へと変更する必要があります。

※予想される電気の使用量を調べてみる※

 

「機会」は「チャンス」ともいいます。

はじめてのお引越しの新成人の方や心機一転されたい方、
転入を期に印鑑を新調されてみるのも良いかもしれませんね。

子々孫々、代々受け継いで行く印鑑・・

そんな印鑑があれば、きっと、たくさんの大切な、あなたとの思い出と共に、一家の物語が末代まで語り継がれて行きますね。

一家の心を末代まで紡いでゆく印鑑・・、今なら【期間限定50%OFF】。

画像の説明文

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

関連コンテンツ