引越し後(転入)の「原付バイク(原動機付自転車)・小型特殊自動車(50cc~125cc)」の住所変更手続きに必要なもの(書類)

スポンサードリンク

ここでは、引越し後(転入)の原付バイク(原動機付自転車)・小型特殊自動車(50cc~125cc)の住所変更手続きに必要な書類や必要なものを、ご案内して行きたいと思います。

例えば、あなたが原付バイクを持っている場合で、転勤などで住所が変更になるとします。

この場合、住居と同じく住所の変更届が必要になります。

原付バイクの廃棄量は125cc以下の部類にあてはまりますので、市役所・区役所で住所変更登録ができます。

他に、支所やサービスセンターなどでも受け付けてくれます。

原付バイクの税金は市役所・区役所が管轄していますので、仮にあなたが自分の原付バイクの住所の変更登録を忘れていら場合、

あなたは「税金を納めていない」ということになり、後々でトラブルになります。

以上のようなことから、転入後はすみやかに住所変更登録が必要になります。

◎「市役所・区役所」で住所変更手続き可能な「バイク」・「小型特殊自動車」

・ 排気量が125cc以下の原動機付自転車(原付バイク・スクーター)
・ 排気量が20cc超、50cc以下で3輪以上の原動機付自転車(ミニカー)
・ 最高速度が時速15km以下の小型特殊自動車(フォークリフトなど)
・ 最高速度が時速35km以下の農耕用小型特殊自動車(トラクターなど)

転入時(引越し後)に「原付バイク・スクーター・小型特殊自動車」の住所変更手続きに必要なもの(書類)

・ナンバープレート
・印鑑(シャチハタ以外)
・原付バイクの車台番号とメーカー名さらに排気量がわかる書類(メモ)
・標識交付証明書(ナンバープレートを交付した時に発行された書類。紛失してても手続き可能)

以上を用意して、廃車手続きと同時に処理を行います

※あなたが、同じ市内や区内で引越しした場合、「転居届」を提出しますので、バイクの登録住所も自動で切り替わります。(この場合、手続き不要

本来は転入(引越し)する前の住所で、廃車手続きが必要になります
しかし、新住所の市役所・区役所で、前の住所の廃車手続き(住所変更手続き)も同時に行えます。

125ccを超え(以上)の車両排気量になると、市役所および区役所では手続きができません

これは管轄が市町村などの自治体から、国になるからです。

この場合の国とは、「陸運局」や「軽自動車検査協会」などの組織を指し示します。

この「陸運局」や「軽自動車検査協会」で取り扱う車両を排気量を例にして上げると…

「250cc」、「400cc」、「750cc」、「1000cc」、「1100cc」~のように「126cc」以上の排気量の車両のことをいいます。

種類を例に挙げると以下の通りです。

☆軽二輪自動車
・オフロードバイク
・モトクロスバイク
・スーパーカブ
etc…
☆小型二輪自動車
・ビッグスクーター
・アメリカンバイク
・クルーザーバイク
・ネイキッドバイク
・スポーツバイク
etc…

などの種類になります。
 の種類のバイクの場合、市役所・区役所ではなく、県や府で指定された「陸運局」や「軽自動車検査協会」で登録変更手続きを行う必要があります。

転入後(引越し後)バイク住所変更登録手続き場所(250cc超、400cc超、750cc超、1000cc超)

◎「バイク」=オートバイ(2輪の小型自動車および2輪の軽自動車)
・陸運局
・陸運支局

転入(引越し)バイク住所変更登録手続き期限(250cc超、400cc超、750cc超、1000cc超)

・転入後15日以内

転入(引越し)軽二輪自動車(バイク:126cc~250cc)住所変更登録手続きに必要なもの(書類等)

・軽自動車届出済証  ハガキサイズの大きさのもの ※自分で用意
・軽自動車届出済証記入申請書(陸運局用紙販売所で販売してます) 
・自動車損害賠償責任保険証書(有効期間が切れている場合、再加入が必要)  ※自分で用意
・印鑑(シャチハタ以外)  ※自分で用意
・住民票(発行日から3ヶ月以内)  ※自分で用意
・委任状(代理人が手続きを行う場合) ※自分で用意
・ナンバープレート(引越しで管轄の陸運局が変更になる場合に自分ではずす) ※自分で用意

※他に、あなたが現在ローンで購入されている場合は、所有者が「ローン会社」か「バイク販売店」のはずです。

この場合、 で用意するものの他に、以下 のものが必要になります。
・所有者の法人代表者印

転入(引越し)小型二輪自動車(バイク:251cc~)住所変更登録手続きに必要なもの(書類等)

・自動車検査証(車検証のこと。紛失した場合、記載の住所の陸運局で再交付が必要)
・OCR1号シート(申請書)(陸運局で買います)
・軽自動車税申告書 (運輸局に置いてます。無料)
・手数料納付書(陸運局に置いてます。無料)
・印鑑(シャチハタ以外)  ※自分で用意
・住民票(発行から3ヶ月以内) ※自分で用意
・委任状(代理人に行ってもらう場合) ※自分で用意
・ナンバープレート(陸運局の管轄が異なる場合) ※自分で用意

※他に、あなたが現在ローンで購入されている場合は、所有者が「ローン会社」か「バイク販売店」のはずです。

この場合、上で用意するものの他に、以下のものが必要になります。
・所有者の法人代表者印

※さらに自賠責保険証の住所も変更する場合☟

・この場合、住所の変更登録済の届出済証自賠責保険証を、保険証記載の保険会社へ持って行き、申請書記入して押印するだけで手続きできます。

以上、ご不明点は、あなたがお住まいの地域の「陸運局」や「警察署」へお問い合わせください。

 

「機会」は「チャンス」ともいいます。

はじめてのお引越しの新成人の方や心機一転されたい方、
転入を期に印鑑を新調されてみるのも良いかもしれませんね。

子々孫々、代々受け継いで行く印鑑・・

そんな印鑑があれば、きっと、たくさんの大切な、あなたとの思い出と共に、一家の物語が末代まで語り継がれて行きますね。

一家の心を末代まで紡いでゆく印鑑・・、今なら【期間限定50%OFF】。

画像の説明文

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

関連コンテンツ