転入時(引越し後)の精神障害者医療費助成制度の手続きに必要なもの(書類等)

スポンサードリンク

ここでは、転入後(引っ越し先)の精神障害者医療費助成制度の加入手続きに必要なもの(書類)について、ご案内して行きます。

◎まず、精神障害者医療費助成制度とは?

精神障害者医療費助成制度とは、精神病などで精神病院に入院された方の、一刻も早い社会復帰を目標として設立された制度です。

この制度を利用することにより、通院中・入院中の精神障害の方の経済的な面の不安を無くすことで病状の悪化を取り除きます。

以上のことから、入院などにかかる費用の一部を国がお支払いする制度です。

精神障害者医療費助成医療の対象となる方

・精神障害者保健福祉手帳1級・2級を所持する方

・国民健康保険被保険者、後期高齢者医療被保険者、社会保険被扶養者の方で「自立支援医療(精神通院)」に加入中の方

精神障害者医療費助成制度に加入手続きする場所

・市役所・区役所の国保医療課
・支所・事務所・サービスセンター

転入後(引越し後)精神障害者医療費助成制度の加入手続き期限

・転入後すぐ(引越し後すぐ)

精神障害者医療費助成制度に加入手続きの方法

・健康保険証
・精神障害者保健福祉手帳
・印かん
・振込先口座
・所得証明書

※社会保険被扶養者の方は所得制限があるため、加入できない場合があります。

詳しくはあなたの住所地の市役所・区役所などへお問い合わせください。

 

「機会」は「チャンス」ともいいます。

はじめてのお引越しの新成人の方や心機一転されたい方、
転入を期に印鑑を新調されてみるのも良いかもしれませんね。

子々孫々、代々受け継いで行く印鑑・・

そんな印鑑があれば、きっと、たくさんの大切な、あなたとの思い出と共に、一家の物語が末代まで語り継がれて行きますね。

一家の心を末代まで紡いでゆく印鑑・・、今なら【期間限定50%OFF】。

画像の説明文

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

関連コンテンツ