引越し時(転入時)の(プロパン・都市)ガスの使用開始の手続き方法

スポンサードリンク

ここでは、引越し時(転入時)の(プロパン・都市)ガスの使用方法についてご説明して行きたい思います。

まず、都市ガスの使用開始~開栓までを、以下 にて、ご案内して行きたいと思います。

イラストまず、都市ガスの開栓には、必ず立ち会いが必要になります。

よって、万が一、引越し前に新たな住所地の都市ガスの会社へ連絡を忘れていた場合、スグに連絡します。

都市ガス会社のサービス員は、平日or土曜日19時までしか訪問していないことが多く、その間に電話する必要があります。

したがって、引越し日が日曜日の場合は、翌日しか開栓依頼できません

※プロパンガスの場合は、あなたの地域のプロパンガス会社へ連絡します。

プロパンガス会社の連絡先が分からない場合、お持ちの携帯電話から「104」へダイヤルして聞きます。(情報料約100円かかります

都市ガスの場合は、あなたのお住まいの地域を管轄するガス会社へ連絡します

※電話番号が分からない場合は、 と同じようにします。

 その際にガス会社から以下 のことを、必ず聞かれます

・あなたのお名前
・あなたの新住所(ガス使用地)の住所・電話番号
・すぐに連絡が付くあなたの電話番号(例:携帯電話)
・移転先の建物の形(戸建て・マンション・アパート)
・ガス使用開始日
・ガス開栓サービス員の希望訪問時間
・ガス開栓時の立ち会いの方の氏名(代理人可。必ず誰か必要)
・あなたが、これから新生活で使用するガス機器の種類や名前

以上を聞かれますので、事前に答えれるようメモなどの準備が必要です。

都市ガスの場合、訪問するのは、都市ガスの従業員ではなく、都市ガスの下請け業者(会社)さんになります。

ですので、あなたとすぐ連絡が取れる電話番号は必ず伝えるべきです。

◎引越し先がプロパンガスでお困りの場合

プロパンガスは、家主がプロパンガス会社とそのアパート全棟と契約しており、

さらに都市ガスを引き込むとなれば、工事費用工事期間がかかりますので、都市ガスに替えて欲しいと言っても、家主は、簡単にGOサインは出さないのです。

プロパンガスは、ボンベにガスが詰まっていますので、都市ガスとは違い、地下のガス管を通ってガスを供給しませんので、災害時には強いです。

しかし、プロパンガスは、ガスの料金が高いのが、最大のデメリットです。

引越し先の使用ガスが「プロパンガス」であるのを、知らなかった場合、家賃の引き下げ交渉や、場合によっては都市ガスの引き入れなどもできますので、家主に1度、ご相談してみてください。

 

「機会」は「チャンス」ともいいます。

はじめてのお引越しの新成人の方や心機一転されたい方、
転入を期に印鑑を新調されてみるのも良いかもしれませんね。

子々孫々、代々受け継いで行く印鑑・・

そんな印鑑があれば、きっと、たくさんの大切な、あなたとの思い出と共に、一家の物語が末代まで語り継がれて行きますね。

一家の心を末代まで紡いでゆく印鑑・・、今なら【期間限定50%OFF】。

画像の説明文

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

関連コンテンツ